最短即日融資可能

消費者金融などが、個人の信用を担保として小口の融資を行うことを
キャッシングといいます。
実はキャッシングという言葉は、消費者金融業界が作った造語です。
元々は証書貸付といった名前で呼ばれていました。

最短即日融資が基本

キャッシングというのは、給料日前で、ちょっとお金が足りなくなりそうといった、
一時的な借り入れを目的として利用されることを想定しています。
ですから即日融資が基本です。キャッシングは消費者金融が一番なのか?などを見ても
銀行のカードローンと消費者金融の比較で消費者金融は即日がメリットという点について触れています。
銀行系のカードローンなども、かなり申し込みから審査まで早くなりましたが、
やはり消費者金融の方が早いです。
キャッシングの場合、即日にお金を借りたいのであれば、
最短で30分ほどで借り入れができます。

もちろんネットからの申し込みも可能ですし、
ネットならば24時間いつでも申し込みができます。

即日で必ずキャッシングしたい場合は

即日にお金を手にしたいのであれば、
消費者金融の営業時間に申し込むといいです。
また一番早くキャッシングをするには、店舗へ行き、
その場で借り入れをするのがいいです。
この場合、事前に必要な書類などを用意しておきましょう。

消費者金融でのキャッシング申し込み時に必要となるのは、
50万円以下の小口借り入れであれば、
本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート等)基本的にはこれだけです。
50万円を超える借り入れの場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。

ちなみに銀行の場合には、基本的にこのような義務付けはありません。
しかし、銀行の判断によっては提出を求められる場合もあります。

ネット申込みをあらかじめしておくと便利

ネットで申し込みをして、即日キャッシングを利用したいのであれば、
営業時間内に申し込みをするのはもちろんのこと、指定口座を開設しておくといいです。
そうするとすぐに振込みをしてもらえるので、すぐに現金を手にすることができます。
キャッシングは上手に利用すれば、とても便利なものです。
利用するときはきちんと返済計画をたてておくことをおすすめします。